ASD Market Week(ASDマーケット・ウィーク)

ASD Market Weekが、2018年7月29日~8月1日、ラスベガスコンベンションセンターで開催されます。
毎年3月と7~8月に年2回行われる、50年以上の歴史を持つ卸売業界最大規模のBtoB展示会で、商品のジャンルがファッション、アクセサリー、おもちゃ、ノベルティ、美容、ギフト、などなど非常に幅広いのが特徴です。昨年は45,000人ものバイヤーが訪れました。


ASDとはAffordable Shopping Destinationの略で、Affordable、つまりお手頃価格で販売されているありとあらゆる製品の卸売展示会です。
イメージとしては五反田TOCの超巨大展示会版、といったところでしょうか。(この例え、伝わるかどうかイマイチ自信がありませんが……)

上で参加バイヤーの数が45,000人と書きましたが、なんとそのうち1/3、15,000人がアメリカ国外からの参加者ということです。
その鍵をにぎるのがSource Directというコーナーです。ここは大規模発注を希望するバイヤーが海外メーカーと直接マッチング及び商談することができるセクションで、運営サイドによるマッチングサービス等も積極的に行われています。
このセクションは開催を重ねる毎に毎回400以上の新しいベンダーが各カテゴリに参入してきているため、常に流行の最先端のものや企業があり、そういった最新情報を目当てに多くのバイヤーが参加しているようです。

ありとあらゆる雑貨が陳列され、コーナーを曲がる毎に新しい発見があるASDマーケットウィーク。展示会会場の様子は、こちらの公式動画がわかりやすかったです。


MCICではASD Market Weekへの出展サポートはもちろん、視察ツアーも企画いたします。
市場視察、関係者へのヒアリング等、ご要望に応じて柔軟なご提案をさせていただきます。
ご出展、ご視察にご興味がおありの方は、info@mcrossintl.comまでお問合せください。

コメント