ラスベガス マッカラン国際空港(LAS)ターミナル内の喫煙所

 アメリカの大規模な展示会は、ラスベガスで開催される場合が多いため、ラスベガスの空港を利用される方が多いかと思います。
 大きな展示会では、世界中から数十万人がやってきます。ラスベガスには、そのような規模の来場者を宿泊できる多数の大型ホテルが、ラスベガス市内に集まっているため、大規模な展示会を開催するには、適切な場所と言われてます。

 アメリカの空港は禁煙といったイメージがあるかと思いますが、ラスベガスのマッカラン国際空港(McCarran International Airport)はターミナル内にも喫煙個所があります。
 
 マッカラン国際空港のターミナルは、ターミナル1と3に分かれてます。
ラスベガス マッカラン国際空港(McCarran International Airport)

 例えばDゲートの場合ですが、空港にチェックインしてから電車のようなトラムに乗ります。

そしてトラムを降りたらエスカレータに乗り、Dゲートへ向かいます。 

 エスカレータを降りて左側に『スモーキング&ゲームラウンジ』があります。そこでタバコが吸えます。

 ギャンブルをしなくても、タバコだけでも大丈夫です。周囲に多くの灰皿が置かれてます。

 このラウンジの場所は、DゲートのD16搭乗口近くにあります。(真ん中の赤い部分が、Smoking & Gaming Loungeです。)

 Dゲートだけではなく、他のゲートにもあり、CゲートはC5搭乗口近くです。

 Bゲートは、B15搭乗口近くです。(左側の赤い部分が、Smoking & Gaming Loungeです。)

  Eゲートは、E2搭乗口近くと、E14搭乗口近くにあります。 

 展示会などでラスベガスに来られた場合、ラスベガスのマッカラン国際空港から出発する方が殆どだと思います。帰国する時は、何かとラスベガス空港へ行くまでに、バタバタ忙しく時間なく空港まで喫煙する時間が無い方や、早めに空港に着き過ぎターミナル内で時間を持て余している方、またアメリカ国内での乗り継ぎ空港に喫煙所が無く飛行機に乗る寸前に喫煙したい方など、様々な状況があるかと思います。

 ラスベガスのマッカラン国際空港は、ターミナル内に喫煙所(2019年1月現在)がありますので、喫煙者の方は一度お試し下さい。


コメント