ロサンゼルス国際空港(LAX)ターミナル内の喫煙所

大きな展示会はラスベガスで開催されます。ラスベガスは巨大なホテルがいくつもあり、数万人を超える展示会来場者を街中に宿泊させることができます。

日本からラスベガスへは直行便が無いため、何処かの空港で乗り継ぎすることになります。そんな乗り継ぎの合間に、喫煙者ならタバコを吸いたくなるのではないのでしょうか?日本からの長時間フライトは、喫煙者にとって辛い時間となるでしょう。乗り継ぎの合間に喫煙しようと考えるかと思います。しかし、アメリカの多くの空港は空港内禁煙です。ターミナル内には喫煙所も無い完全禁煙の空港がほとんどです。
しかし、ロサンゼルス国際空港は人知れぬ1番奥の場所に1箇所だけ喫煙所が設置されてます。

ロサンゼルス国際空港は7つのターミナルがあります。ターミナル1〜8、そしてトム・ブラッドレー国際ターミナル(TBIT)。ターミナル内にいても煙草を吸える喫煙所はこのトム・ブラッドレー国際空港ターミナル内にあります。
地図のターミナルBが、トム・ブラッドレー国際ターミナルです。
このターミナルB内にフードコートがあります。
そのフードコートの1番奥にあるUMAMIバーガーの奥に向かいます。
1番奥まで行くと、喫煙所の看板が見えてきます。
突き当たりを左へ曲がると、外に喫煙所があります。

日本からの多くの便は、このターミナルに到着しますので、喫煙者の方は利用してみてはいかがでしょうか。
『アメリカの空港は完全禁煙』という先入観がこの喫煙所の人の少なさに関係しているか?そもそもアメリカは喫煙者が少ないのか?と考えてしまう程、この喫煙所は空港規模の割に人が少ないです。

コメント