ダークストアーとは?

 アメリカで、400店舗以上展開しているWHOLE FOODSでは、ニューヨークを中心に「ダークストアー」と言う、新しスタイルの運営を開始しています。

 ダークストアーと言う言葉を聞いたのは初めてです。ダークストアーとは、ピックアップとデリバリー専門の店舗で、買い物客が、店舗に入れない店舗のことです。要するに、スーパーが、倉庫になってしまったという事です。

以前のWHOLE FOODSのイメージ写真です。


 コロナウイルス問題で、アメリカでは、スーパーへの入場制限や、ソーシャルディスタンスと言う、人と接触をしない、2メートル間隔をあけるなど、面倒な規則が増えて来ています。スーパー内で、人とすれ違うのも気を使いますし、棚で見ている人がいると、その棚の近くには近づけません。その人が、離れるまで、距離をあけて待たなければなりません。以前の自由にお買い物が’できる状況からすると、異常ですが、感覚が麻痺してきて、以前が異常だったような気もしてしまうような状況です。

 そして、現れたのが、ダークストアーです。コロナウイルスは、数年終息しないと言われて出しています。そのために、この新しいスタイルの「ダークストアー」は、今は、ニューヨークだけですが、全国に広まるのではないかと予想します。

 アメリカでは、政治経済、そして、ライフスタイルが、すごいスピードで変化しています。この新しい時代に沿った、新しいマインドで、新しいライフスタイル、そして、新しいビジネスに変えて行かないと、生き残れない時代になってきていることを、日々、ひしひしと感じています。

コメント

コメントを投稿