150キロのニューヨークの市道が閉鎖される?

 アメリカのデジタル飲食情報メディアの「EATER NEW YORK」の記事によると、ポストコロナ後は、ソーシャルディスタンスを保つために、ニューヨーク市の市道を、100マイル(150キロ)を封鎖する計画が進んでいるとか?

 ポストコロナでは、飲食業に対して、新しい規制が生まれており、ソーシャルディスタンスを保つために、1店舗当たりのテーブル数は、約半数にする必要があります。そうなると、ほとんどのレストランで、利益が出せなくなります。

 BLASIOニューヨーク市長は、それらの封鎖した市道を、レストランに提供し、屋外にテーブルを置くことを許可し、何とか、飲食業を助けたいそうです。オープンカフェが、ニューヨーク中にできる可能性があります。

 ただ、カリフォルニアのように、雨が少なく、気温も安定していれば良いですが、NYは、雨も多く、冬場は、寒くて、外で長時間食事をすることができません。。ナイスアイデア!と言いたいところですが、課題も多いと思います。




コメント

コメントを投稿