Natural Products Expo West 2020(ナチュラル・プロダクツ・エキスポ)

 2020年3月に開催が予定されていた「Natural Products Expo West 2020(ナチュラル・プロダクツ・エキスポ)」は、コロナウイルスのために、一応、延期と発表されました。そして、4月15日に、本年度の展示会は、延期ではなく、中止とすると発表されました。

 Natural Products Expo West 2020(ナチュラル・プロダクツ・エキスポ)には、3600社が出展予定、業界関係者86000人が、来場予定でした。全米最大のナチュラル系食品、サプリメント、健康関連商材の展示会です。

昨年度の開場

 今回の中止の発表は、開催の数日前に発表されました。弊社も出展予定をしており、既に、ブース施工資材、サンプル等は、会場に搬入済みで、参加スタッフも既にロス入りしておりました。キャンセルのために発生した経費は、結構な額となりました。

 昨日、本年度の展示会は、延期でなく中止と言う発表に伴い、主催者のNEW HOPE NETWORK(INFORMA傘下の企業)より、親会社の支援もあり、救済金として、500万ドルを調達した。本年度参加予定だった企業で、2019年の売り上げが、200万ドル以下の企業(中小企業)に対して、出張費以外の経費、ブース施工費用、送料、その他の展示会関連費用で、払い戻しがされなかった分に関して、サポートすると発表されました。

 参加費用は、希望に応じて払い戻し、もしくは、来年度に充当されるとのこと。展示会出展費用もそうですが、展示会により、売り上げを期待していた企業に取っては、経費以上に痛手を受けていることと思います。この日のために、商品化を急いだり、色々な努力があったと思います。弊社もそうですが、展示会が中止されたことで、1か月ほど、スタッフは思考停止をしてしまいました。1年がかりで、準備してきたので、スタッフの気持ちも理解できます。

 マインドチェンジして、さて、できることからしようと思った矢先、アメリカでは「ロックダウン」が始まりました。今できることは、オンラインマーケティングのみで、他の対策が思い浮かばないというのが、アメリカの現状です。

 アメリカでは、生活必要品以外の小売店は閉鎖されており、この閉鎖がいつまで続かもわかりません。先が見えない今、どこまで、従業員に「がんばろう」と言えるかも自信がなくなって来ました。

 今回のコロナウイルスにより、ビジネスが落ちるのはしょうがないことですが、スタッフの精神的ダメージについては、申し訳ないと言う思いと、何もできないという不甲斐なさで、いっぱいです。

 2021年度は、何としても、Natural Products Expo West 2020(ナチュラル・プロダクツ・エキスポ)を開催していただきたいし、業界関連企業も何とかこの大変な時期、ふんばっていただきたいです。


コメント

コメントを投稿